横浜市で廃車の買取と手続きの疑問を解消

横浜市で廃車を高価買取してもらうには

横浜市で廃車や車の処分を考えている人へ、高価買取をしてくれる業者を紹介します。

 

車の状態により、その手順と方法が異なる為に売却先を間違えると逆に廃車代を取られることもあるので是非参考にしてください。

 

横浜市で廃車にかかる費用や料金はいくら

横浜市で一般的に業者に廃車をしてもらう場合、廃車引き取り料金や処分料金という名目と抹消登録費用や名義変更費用として1万円~2万円ほど請求されることがあります。

 

しかし、このサイトでは廃車でも買取してもらうことを前提に廃車買取り業者を紹介するため一切お金をかけずに廃車する方法を紹介していきます。

 

もちろん、車の状態(事故や故障)により動かなくなった車でもレッカー費用や事務手数料を完全に無料でしてくれる業者を紹介していきます。

 

下取りの査定価格はいくら

横浜市で車を売る際にまずはディーラーや中古車販売店で下取り査定または買取査定をしてもらうでしょう。

 

しかし、単に車だけを手放す場合は下取りではなく買取りとなります。

 

下取りの査定と買取りの査定の大きな違いは、次に購入する車の値引きが含まれていない為、査定金額だけを見ると下取の査定の方が高く見られがちですが実際のところ査定価格はほぼ変わらないのです。

 

では、実際に査定してもらった結果、査定価格が0円つまり廃車扱いされた車はそのお店での査定評価に過ぎず、廃車せずに他の業者に査定してもらうべきです!

 

まずは廃車の買取り相場を知っておこう

廃車を買取る業者は様々な目的で買取をしてくれます。

海外へ輸出するため。

 

部品取りするため。

 

スクラップ(解体)するため。

これらが主な目的ですが、一般的なディーラーや中古車販売店とは業種が異なる為、廃車とはいえ買取が実現できるのです。

 

ではその廃車の買取り相場はいくらなのでしょうか?

 

まずは本当に査定価格が0円なのか、中古車として販売する価値がないのか知る必要があります。

 

年式が古いだけで車の状態は良い。

 

走行距離は多いが人気車である。

 

年式、走行距離は問題ないが人気がない車。

 

修復歴がある車。

これらに該当する車は下記のサイトより必要項目を入力するだけで全国の中古車相場を知ることが出来ます。

廃車買取専門店「ハイシャル」はこちらから≫≫≫

横浜市のおすすめ廃車買取業者

おすすめの廃車買取業者を紹介するにあたり、車の状態によってお勧めする業者が異なります。

 

例えば外車のディーラーに国産軽自動車の査定をしてもらっても評価が低いのと同様に専門業者に専門分野の車を査定してもらうことが絶対条件となります。

 

①問題なく走行できる車だが低年式、過走行、不人気者、車検切れなどの車はコチラがおすすめ


カーネクストはこちらから≫≫≫

②中古車でも人気はあるが、事故車、故障車、冠水車など修復が必要な車はコチラがおすすめ

事故車買取のタウはこちらから≫≫≫

 

①,②でも査定価格が出ない場合はコチラがおすすめ

廃車本舗はこちらから≫≫≫

廃車の手続きと必要な書類

廃車の手続きは一時抹消登録もしくは永久抹消登録といいます。

 

一時抹消と永久抹消の違いは一時抹消は再度登録できますが、永久抹消は解体を前提とした登録のため車を復活することができません。

 

では、それぞれの抹消方法と必要書類を解説していきます。

一時抹消登録の方法と必要書類

一時抹消登録は再度車を復活させるのを目的に抹消する方法です。

 

必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明・・・1通

住民票・・・1通(車検証上の住所と現住所が異なる場合)
委任状・・・1部(業者や第三者に委託する場合)

譲渡証・・・1部(業者や他人に売却する場合)

 

永久抹消の方法と必要書類

永久抹消登録は解体またはスクラップ処分し、その車を再度使用しないことを目的とした抹消方法です。

 

必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明・・・1通

住民票・・・1通(車検証上の住所と現住所が異なる場合)
委任状・・・1部(業者や第三者に委託する場合)

リサイクル番号・・・(解体後に業者から通知が来ます)

 

神奈川県の陸運局

上記の手続きは横浜市の陸運局にて手続きを行います。

 

神奈川運輸支局
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3540番地
050(5540)2035
管轄区域
横浜市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市
三浦郡

 

廃車による還付金について

 自動車税の還付金について

自動車税の還付は一時抹消、永久抹消ともに還付申請ができます。

 

抹消手続き後、管轄の税務署(自動車税課)にて受付してもらえます。

 

必要書類は、抹消謄本(車検証コピー可)印鑑、身分証明(免許証など)を持参のうえ下記書類に記入の上申請しましょう。

 

郵送でも受け付けをしてくれる場合もありますので、お時間がない人は問い合わせてみましょう。

 

自動車税に関するお問い合わせ先、相談窓口

【自動車税管理事務所】
〒232-8602
横浜市南区弘明寺町31

市営地下鉄弘明寺駅下車 徒歩8分
京浜急行 弘明寺駅下車 徒歩10分、井土ヶ谷駅下車 徒歩10分
市営バス 通町3丁目下車 徒歩3分

 

【自動車税管理事務所横浜駐在事務所】
〒224-0053
横浜市都筑区池辺町3562-1

(電車の場合)
JR横浜線鴨居駅下車 徒歩20分
JR横浜線小机駅下車 東急バス(市ヶ尾駅行)15分 梅田橋下車 徒歩1分
東急田園都市線市ヶ尾駅下車 東急バス(新横浜駅行)20分 梅田橋下車 徒歩1分
(車の場合)
第三京浜港北インターチェンジより5分 横浜車検場内

所管区域 横浜ナンバー該当区域

 

※軽自動車税はお住いの市町村役場です。

 

重量税の還付金について

廃車した車(永久抹消のみ)に車検が1か月以上残っていた場合は重量税の還付申請ができます。

 

重量税は車検時に収める税金ですが、収めた金額を車検月数(普通車であれば24か月、商用車であれば12か月)で割り、車検の残り月数を掛けることで算出できます。

 

申請方法は、永久抹消の手続きの際にマークシートに振込先を記入するだけで完了します。

 

後日、国税局より還付金の通知が来て、振込先へ入金されます。

 

自賠責保険の還付金について

自賠責保険は重量税と同様に、車検時に収める強制保険のことです。収めた先は損保会社になります。

 

一時抹消、永久抹消ともに申請が行えます。

 

申請方法は、抹消謄本(車検証原本)と自賠責保険証原本と身分証、印鑑(認印可)を持参のうえ最寄りの保険会社の営業所で申請を行いますが、郵送でも可能です。

 

還付される金額については、保険会社が算出する金額となりますので、電話などで確認しましょう。

廃車や下取りの時、自動車税はどうなる?

自動車税の納税と還付

自動車を所有すると自動車税の納税義務が生じます。自動車税は排気量により納税金額が変わります。自動車税はその年の年税を前払いとなり、納税期限はその年の5月1日から5月30日までです。その期限内に支払いが出来なければ督促状が届くことになります。

 

自動車税を払った後に車を乗り換える場合、納めた税金は月割(翌年の3月までの月割計算)で還付されます。例えば、8月に車を手放す場合は翌月の9月~翌年の3月までの月数7カ月分の自動車税が還付されます。但し、軽自動車税は年税となる為、還付されません。

 

 

逆に自動車税を納めてなくて、車を手放す場合はその月までの自動車税を払わないといけません。その車が廃車や抹消登録される場合は、県税事務所から月割分に再計算された自動車税の納付書が届きますので、速やかに支払いを済ませましょう。

カーネクスト評判はコチラ

廃車にする場合の自動車税

廃車とはいえ業者にその車を手放すわけですから一旦収めた税金は戻してもらう義務があります。業者さんによっては、様々な言い分があるでしょう。例えば。。。

 

①『廃車費用を無料にする代わりに還付金は頂きます。』

②『廃車にすると税金はもどってきませんよ(ウソ)』

③『還付する代わりに引き取り料、手続き料を下さい』

 

今時こんなバカげた話はありません!しかし、これらは街中でよく見かける廃車無料とか廃車買取などの看板によくあるトラブルなんです!

 

 

 

廃車手続きといっても350円で済む手続きです。いくら人件費が掛かるとはいえ還付金の代わりにしては高すぎます!!

また、引き取り料や事務手数料が無料に多いのが車の価値がまだあるのにタダで引き取っていくズル賢い業者さん。ここ数年、事故車や故障車、車検切れで動かせない車でも買取可能なんです。すべていくらかで買取が可能なんです。しかも還付金まで含めると数万円で買取してくれることが常識なんです。

 

車を売るときに必ず税金のことを聞く

下取りや買取りまたは廃車により車を手放す場合、自動車税の事を必ず聞きましょう。自動車税は車屋さんによって対応が異なります。本来であれば月割分の支払いだけでよいのですが、税金も利益換算する業者も多くトラブルやクレームが少なくありません。

 

未納であれば『年税を納めてください』

納付済みであれば『還付金は査定金額に含まれています』

などといった対応をされる場合があります。税金や手続きなど専門的な話を淡々とされても腑に落ちません。。。こういった対応をされる前に事前に確認しましょう。

 

①車の査定金額と還付金を別々に提示してもらう。

車を査定する際、自動車税の還付金や車検の残り分を計算して査定額を提示する業者が増えています。

 

よって、単純に車だけの査定金額を提示してもらい、還付金がいくらあるのかを計算し、その合計額で検討しましょう。また、買い替えの場合、その車の値引き金額も査定金額に含ませないようにお願いしましょう。

 

『査定金に含まれています』という対応ほど不透明なことはありませんのでご注意を!!

 

②還付金がある場合、名義変更なのか抹消登録なのか聞く。

売却する車に車検が残っているのか、もうすぐ車検が切れるのかで売却先の対応が変わります。

 

例えば車検が残っていれば、その車屋さんの名義に変えます。つまり、名義変更を行うのです。この場合、県税事務所に言っても自動車税は戻ってきませんので、売却先の車屋さんから払い戻してもらうしかありません。

 

また、車検が残っていない場合は名義変更ではなく、一時抹消をします。一旦ナンバーを外して誰の名義でもないようにする手続きの事です。この場合、県税事務所から『指定の口座へ振り込みます。』という還付金の手続きの案内が届きます。

 

このように名義変更をするのか、抹消登録をするのかで還付金の方法が異なるのです。

 

③債権譲渡通知書を提示されたら再確認。

債権譲渡通知書とは自動車税の還付金の権利を譲渡するという書類です。この書類を提示された場合、自動車税は戻ってこないということなので車屋さんに再確認する必要があります。

 

まとめ

自動車税は前払いのため期限内に納めましょう。車を廃車や手放したからと言って納税義務がなくなるわけではありません。所有していた月までの納税義務は生じます。

 

また、すでに収めた税金は還付される権利があります。訳の分からない書類にサインしていたらもどってくるはずのお金が戻ってこないこともあります。業者さんと話合い、よく理解したうえで車を手放しましょう。

 

自動車税に関するお問い合わせ先

神奈川県税事務所