神奈川で廃車はココで売る!!

神奈川で廃車の前に『その車必ず売れます!!』

Y31シーマ 買取相場

シーマ

Y31シーマは廃車にするな

シーマ現象のその後

1988年に日産から発売された高級車『シーマ』。発売当初バブル期もあり、高額ながら当初の1年間だけで36,400台が販売され、初代Y31シーマが生産されていた4年間の販売台数は12万9,000台にも伸びました。その異例の販売台数からシーマ現象と呼ばれるようになりました。また初代のシーマはその型式からY31シーマと呼ばれていました。高級セダン=おじさん車のイメージは無く、元祖ラグジュアリーカーと言っても過言ではないでしょう。

もちろん中古車市場でもシーマを探しているユーザーは多く、買い求める客層は若いヤンキーに好まれ、いつしかシーマ=ヤン車のイメージが定着しました。おじさん車⇒高級セダン⇒シーマ⇒ヤン車という構図はシーマに限らずセルシオやクラウン、セドリック、グロリアなどにも人気が広がり、1990年代は高級セダンブームが巻き起こりました。もちろんその火付け役はシーマです。その後Y32,Y33へとモデルチェンジを繰り返し、一旦は生産終了しますが現在のY51の型へと引き継がれます。

 

 

Y31シーマは現在でも買取り可能?

来年でシーマ誕生30周年になります。今までフルモデルチェンジ(初代含む)を5度繰り返してきましたが、今でもY31シーマがオークションで取引されているのをご存知でしょうか?初代シーマとなると約30年落ちです。走行距離も実走行か不明です。程度が良いと思っても、年式が古いために評価点が低く設定されるのが現状です。

 

さて、そのY31シーマの買取り相場ですが、参考にご覧ください↓

大まかではありますが車両情報は、平成元年式、走行8万km?、評価点R(事故車)です。そのオークション落札価格は27万円です!!2万7千円ではありません!!27万円なんです!!通常子の年式であれば、車種関係なく査定価格0円が妥当です。しかし、近年の旧車ブームの後押しもありこの価格がついているのでしょう。

 

同じクラスのセルシオやクラウンV8も同じなような現象があるかは分かりませんが、今の中古車の流行を把握することで、その車の相場の変動を実感できるはずです。Y31シーマを仕方なく所有している人は一度査定依頼をおすすめします。

 

 

 

車種別 買取相場

この記事に関連する記事一覧